MENU
角番センパイ
(一級建築士)
私は受験歴3年を経て合格をつかみ取った一級建築士です。
学科試験には通過したものの、製図試験に2度目落ちして角番に昇格!?
そこからメンタルを鍛え上げ、角番スピリッツで合格をつかみ取りました。
(今では、こっそりブログ活動中。)
私は”夢を諦めない受験生”たちを応援します!
角番に昇格してしまった方、角落ちからの復活を目指す方に向けて「役に立つ知恵や技術」を投稿していきます。

社会人は必見!勉強時間を2時間確保して成果を3倍にする方法を教えます。

社会人が勉強時間を確保する方法

社会人の皆さん、いつも追われる忙しい日々、お疲れ様です。

「大人になると、時間はいくらあっても足りないもの。」

学生時代から一変して、時間の重みや大切さをズッシリと感じていますよね?

そこで諦めない社会人たちにのみ、道を切り開くチャンスが訪れます。

「社会における限られた環境のなかで、勉強時間を確保する方法」

私の独断と偏見から、時間を確保するために実践してきたことをお伝えしましょう。

社会人となった今、”人生の転機を引き寄せる”には行動を起こすしかありません。

記事に少しでも興味のある方、時間が取れない方はブックマークの追加をお願いします!

朝活を極める

タイムマネジメント

「誘惑を断ち切る」

すきま時間を活用する

時間不足からの開放

こんな人におすすめ!

  • 資格習得するために勉強時間を確保したい。
  • 勉強時間は確保したいが、睡眠は削りたくない。
  • 勉強する時間はあるが、いつも誘惑に負けてしまう。
目次

社会人は勉強時間を確保できない?

  • 仕事と家庭との両立。
  • 毎日の日課となっている残業。
  • 目標に立ちはだかるように忍び寄る誘惑。

人によって、時間の悩みはそれぞれあるかと思います。

「自分の成長のための時間を作る」

そう決意したものの、物事は思うように進まないものですよね?

しかし、どのようなケースであっても解決策は同じ、迷うことはありません。

現代の社会人は忙しい

「現代の社会人は忙しい」

社会人は朝早くから出勤して、長い時間を仕事に費やす日常サイクル。

一日の終わりには、勉強する気力も体力も残っていないのが、つらい現実ですよね?

現代の社会人にとって勉強する時間をつくり出すのは、実現不可能に思えるもの。

疲れ果てた身を引きずって家に帰ったときも、頭の中は明日の仕事のことでいっぱいです。

自分にムチを打って「さあ、勉強」と机に向かったところに”夜の誘惑”が、その意志を阻みます。

  • スキルアップのため。
  • 転職するために資格を取る。
  • 家族を養うために収入をアップさせる。

その堅い意志は、夜の誘惑にあっさりと負けてしまうもの。

時間を消滅させたことで、自分の心もポッキリ折れてしまいますよね?

タイムマネジメントにより時間と向き合うこと

自分に負けてしまうのは「意思が弱いから」ではありません。

タイムマネジメント(時間の使い方)と向き合えていないだけなのです。

ここが大事なポイント!

タイムマネジメントにより、時間は作ることが出来る。

ここが、読者に一番伝えたいことです。

まるで「精神と時の部屋」のような秘策があるのだろうか?

そのような漫画の世界が実現するのは、まだまだ遠い未来の話になります。

「社会における限られた環境のなかで、勉強時間を確保する方法」

現代のあなたに実現できる唯一の”道を切り開く”方法をお伝えしましょう。

「朝活」にすべてを捧げる

「社会の限られた環境のなかで、勉強時間を確保する方法」

その答えは、「朝を中心としたライフスタイル」に変えることです。

どこにでもあるような、よくある答えだと思いましたよね?

それでは何が秘策なのかといいますと「すべてを捧げる」という点になります。

  • 早起きは健康に良い。
  • 朝は頭がスッキリしている。
  • 記憶の定着や学習効果が向上する。

朝活にはいろいろなメリットが挙げられますが、その成果を侮ってはいけません。

朝活にすべてを捧げる

  • 朝は誘惑に負けない。
  • 夜は無駄な時間を過ごさなくなる。
  • 勉強と睡眠、どちらの時間も圧縮できる。

朝は誘惑に負けない

強い意志をもってしても、夜の誘惑にはあっさりと負けてしまうもの。

しかし、夜はあれほど”勝てなかった誘惑”が、朝になると意外に弱いものですよね?

体力を回復させることで「自分の意志」と「誘惑の魔力」が逆転するということに気づけるのです。

朝になると、身体は自然と集中できるように設計されています。

「自分の意思が誘惑に勝てる」のは、朝しかありません。

朝の誘惑に打ち勝つことで、自信を失うことも無くなるのです。

夜は無駄な時間を過ごさなくなる

朝の誘惑とは異なり、夜の誘惑は”魔力が拡大”しています。

そして、夜の誘惑に疲れ切った自分の身体が引き寄せられてしまうのです。

「勉強を始めるまえに気分転換しよう。」が口癖になると、目標には戻って来られません。

夜の誘惑に勝てるものがあるとすれば、それは「睡眠欲」。

朝に早起きして集中した結果、夜に眠たくなる時間が早く訪れます。

寝落ちする状態で、夜更かしをさせるような誘惑とはなんでしょう?

そのような誘惑の対処法は、いうまでもなく「寝ること」ですよね。

朝活を取り入れることで、「夜の悪い習慣」も断ち切ることが出来るのです。

勉強と睡眠、どちらの時間も圧縮できる

「時間はつくるものではなく詰め込むもの。」

時間が確保できないのであれば、わずかな時間の中に充実した中身を詰め込むしかありません。

朝の優れたパフォーマンスにより「勉強時間を圧縮する」ことに意識を向けましょう。

「早起きすることにより睡眠の質が良くなる。」

朝の時間に集中することによりエネルギーを消費するため、夜はかなり眠いですよね?

夜になって「睡眠時間が5時間しかない」という状況でも、意外にしっかりと眠れるもの。

結局のところ、良い睡眠とは「時間の長さだけではない」ということが実感できるはずです。

「朝活により、睡眠時間も圧縮される」ことで、さらに時間を確保できるといえるでしょう。

朝の1時間は夜の3時間と同じ成果を得られる

「朝の1時間は夜の3時間と同じ成果を得られる。」

実際のところ、朝の集中力は夜とは比較になりません。

朝の時間と夜の時間を比較

朝の1時間>夜の1時間

「朝の時間と夜の時間とでは、パフォーマンスが段違い」これは間違いありません。

朝の1時間≒夜の3時間

朝の時間の価値は夜の3倍!

  • 朝は誘惑に強く、パフォーマンスが向上する。
  • 夜は誘惑に弱く、パフォーマンスが低下する。

比較してみると、朝の時間は夜の時間と「3倍の差がある」というのも納得ですよね?

朝の時間と夜の時間は段違い

  • 朝に集中して1時間の勉強をする。
  • 夜に睡眠時間を削って3時間の勉強をする。

あなたは勉強時間を確保するために、どちらの生活サイクルを選びますか?

勉強の効果が同じであれば、「朝活にすべてを捧げること」が得策といえるでしょう。

朝活にすべてを捧げる

  • 朝は誘惑に負けない。
  • 夜は無駄な時間を過ごさなくなる。
  • 勉強と睡眠、どちらの時間も圧縮できる。

ここが大事なポイント!

タイムマネジメントにより、時間は作ることが出来る。

朝活づくり(寝るまえに飲む)

社会人が勉強時間を2時間確保する方法

ここからは本題となる「勉強時間を2時間確保する方法」です。

タイムマネジメントは「朝活にすべてを捧げる」ことで成果を生みます。

「2時間を確保するまでのプロセス」をイラスト図に沿って、お伝えしましょう。

勉強時間を確保するステップ

  1. 平日の朝に1時間確保する。
  2. 平日の朝の時間を2時間にする。
  3. 休日の朝と夕方とで3時間確保する。

平日の朝に1時間確保する

1時間を確保する

  • 夜更かしの習慣を断ち切る。
  • 夜の時間を朝の時間に持ってくる。
  • 朝活の1時間の中でしっかりと集中する。

夜更かしの習慣を断ち切る

夜の誘惑は生活サイクルの乱れ

丸一日、仕事をしたあとの「夜更かし」は最高に楽しいものですよね?

束の間の「楽しいひととき」を満喫できる、至福の時間といってもよいでしょう。

夜に勉強しようとすると、気分転換とは言いつつ、時間をいたずらに消費してしまいます。

夜更かしの習慣を断ち切る

【1】

もう夜の勉強は必要ない

【2】

その「楽しいひととき」は容赦なく切り捨てましょう。

勉強時間を確保したいのであれば、まずは”手放すこと”からです。

「夜の誘惑」はひとまず、引き出しの一番奥の方に閉まっておきましょう。

生活サイクルは早起きから始める

目覚まし時計をいつもより1時間早めにセットしましょう。

早起きすることが出来れば、「朝活ミッション」はスタートとなります。

夜の時間を朝の時間に持ってくる

1時間の朝活タイムをつくる

夜更かしの1時間は無くなり、「朝の1時間」が生まれます。

この作り出した「朝の1時間」が、後々に大きな役割を果たすきっかけとなるのです。

夜の時間を朝に移すのみ

「1時間の朝活タイム」を確保します。

やっていることは「夜の時間を朝に持ってくる」だけですよね?

特に無理をするわけでもなく、普段の生活レベルと何も変わりません。

朝活の1時間の中でしっかりと集中する

自分の世界で集中できる

【1】

短い時間でも緊張感がある

【2】
  • 朝は誘惑に負けない。
  • 朝は集中力が維持できる。
  • 朝はタイムプレッシャーが働く。

朝の「たった1時間で何が出来るの?」と思うかもしれませんが、朝を侮ってはいけません。

朝の1時間と夜の1時間は
パフォーマンスに差が出る

「朝の1時間は夜の3時間と同じ効果がある。」

この言葉は覚えるだけでなく、必ず実感しておきましょう。

夜に過ごす3時間は、朝に集中してやれば1時間で成し遂げられるのです。

1時間を確保する

  • 夜更かしの習慣を断ち切る。
  • 夜の時間を朝の時間に持ってくる。
  • 朝活の1時間の中でしっかりと集中する。

平日の朝の時間を2時間にする

1時間を2時間にする

  • 夜の誘惑に掛かるまえに眠りに就く。
  • しっかりと寝て、もう1時間早起きする。
  • さらに早起きしたぶん、朝活タイムが増える。

夜の誘惑に掛かるまえに眠りに就く

夜の誘惑は生活サイクルの乱れ

朝早起きして、丸一日の仕事したあとの「夜更かし」は格別ですよね?

眠たかった一日からようやく解放された、至高の時間といってもよいでしょう。

しかし自分に誓ったはず、「夜更かしは2度としません」と。

勉強時間を確保するのであれば、やはり”手放すこと”からです。

「夜の誘惑」はひとまず、遥かさきの未来にとっておきましょう。

夜の誘惑に掛かるまえに
疲れた果てた身体で眠りに就く

夜の誘惑に勝てる手段はただひとつ「寝ること」です。

娯楽には一切の目を向けることなく、ベッドに一直線に向かいましょう。

しっかりと寝て、もう1時間早起きする。

起床時間が早くなる

早起きすることで、いつも以上に早いタイミングで寝落ちするもの。

そうすると何が起こるのか?といいますと「起床時間が早くなる」ことです。

朝活のためにセットした時間よりも「さらに早く目覚める」という変化が起こります。

(すっきりとした心地の良い目覚めです。)

もっと早起きの感覚が身につく

【1】
【2】

さらに朝活タイムが増える

【3】
【4】

その結果、朝活の時間がさらに増えることになります。

1時間の朝活タイムを2時間にすることも現実的には可能です。

さらに早起きしたぶん、朝活タイムが増える

自分の世界で集中できる

朝活の効果

  • 朝は誘惑に負けない。
  • 朝は集中力が維持できる。
  • 朝はタイムプレッシャーが働く。

朝の2時間を集中的に取り組めば、3日分くらいの後れは取り戻すことができるでしょう。

朝の1時間は夜の3時間と
同じ効果がある

「朝の1時間は夜の3時間と同じ効果がある。」

この言葉はしっかりと刻み込み、身をもって実現しましょう。

朝に集中した2時間の成果は、夜にすると5時間分くらいの価値があるのです。

1時間を2時間にする

  • 夜の誘惑に掛かるまえに眠りに就く。
  • しっかりと寝て、もう1時間早起きする。
  • さらに早起きしたぶん、朝活タイムが増える。

睡眠の1時間は何処へいったのか?

ここでひとつ、疑問が残りませんか?

朝早く起きた結果、寝る時間も早くなり「さらに早く目覚める」こと。

2時間早起きするとなると、「睡眠時間が1時間削られたのでは?」という疑問です。

睡眠時間はどうなったのか?

改善を始めたときは、夜更かしの1時間を朝に移しただけなので「プラスマイナス」ゼロです。

朝活が1時間から2時間に変わったことで、実質の睡眠時間は「1時間縮んだ」ことになります。

睡眠が削られた訳ではない

単純に睡眠が1時間削られたので、何となく無理をしているような気分です。

しかし、削られたのは時間だけであって「睡眠そのものが削られた」わけではありません。

睡眠の質は変わらない
その時間が圧縮されるだけ

睡眠は時間よりも「質」が大切なのです。

長ければ良いというものではありませんよね?

この「睡眠の質」そのものは以前と変わりません。

削られた時間は、睡眠が削られたのではなく「圧縮された」ということになります。

早起きすることで眠りが深くなり、わずか5時間の睡眠でも「6時間分」が確保できるのです。

しかし、睡眠時間が「1時間の得をした」とはいえ、このサイクルを毎日のように続けていると身体に支障をきたします。

無理なく続けるために「2日に一回、3日に一回」などと計画的に取り入れることを心がけましょう。

休日の朝と夕方とで3時間確保する

3時間を確保する(休日)

  • 休日も早起きして朝活から始める。
  • 昼間は家事をして仮眠もしっかり取る。
  • 夕方に復帰して朝のやり残しを完結させる。

休日も早起きして朝活から始める

休日も朝活から1日が始まる

休日のタイムマネジメントも「朝活」を起点にスタートします。

時間が多く確保できる一日ですが、多すぎる時間は意外と粗末にしてしまいがち。

そこで「2時間ルール」を先に決めておき、その制限のなかで集中するように心がけましょう。

・休日に長い時間まとめてやるよりも、平日に「短い時間」を定期的にやること。

・休日に長い時間まとめてやるよりも、「短い時間」に区切って、集中すること。

昼間は家事をして仮眠もしっかり取る

昼間は家事の時間に充てる

朝活を乗り切った後は、身体のパフォーマンスが一気に下がりますよね?

そのため、この時間帯は「手慣れた家事に充てる」ようにして気分転換を図ります。

昼から昼過ぎに掛けては「もっとも集中できない時間」ということを知っておきましょう。

その後に仮眠もしっかり確保する

昼過ぎの家事を終えた後は「昼活?」ではなく仮眠の時間です。

「朝の1時間は夜の3時間と同じ効果がある。」とは言うもの、その疲労感も3倍返しで来ます。

全力で集中した後は、全力で休憩するといったメリハリが大事といえるでしょう。

SNS-禁止
栄養補給-OK
娯楽-禁止

注意!

  • 本を読む。
  • 動画を見る。
  • メールをする。

これらの行為は休憩ではなく、気分転換という名の「作業」です。

ここで作業モードに入ってしまうと、休日の勉強は”朝活の2時間で終了”となります。

「せっかくの休日の機会を消滅させるのはもったいない」と考えるのであれば、気持ちを充電モードに切り替えましょう。

夕方に復帰して朝のやり残しを完結させる

夕方に復帰して出来るだけやる

仮眠による充電が完了したあとは、後半戦となります。

身体は復活したとはいえ、朝活のようなパフォーマンスは期待できません。

夜になると「誘惑の力」が強くなるので、夕方くらいに再スタートを仕掛けるようにしましょう。

後半戦の勉強スタイルは1時間ピッチで刻み、休憩を入れながら進めるようにしましょう。

この時間にやるべきことは、前半戦で「やり残したこと」を完結させること。

これは「ツァイガルニック効果」による働きを活用したものです。

「ツァイガルニック効果」とは、終えてしまった事柄よりも、途中で挫折したり中断してしまった事柄のほうが、よく記憶に残る心理現象のこと。

・・・簡単にいうと「最後までやり遂げたい」という気持ちになること。

引用元:カオナビ

この「最後までやり遂げたい」という心理を味方にすることで、後半戦を乗り切ることが出来るようになります。

夜の誘惑のまえに寝落ちする

後半戦は「精神の限界まで挑む」ものではありません。

大事なのは、平日よりも著しく「生活サイクルのムラをつくらない」こと。

夜中まで無理をするよりも、翌日の朝活に備えて本格的な睡眠をとることが得策といえます。

朝の1時間は夜の3時間と
同じ効果がある

すべてを朝活に捧げる
それが時間をつくる秘訣

「朝活にすべてを捧げること。」

この勉強スタイルが、限られた時間のなかで3倍の成果を挙げるタイムマネジメントとなります。

3時間を確保する(休日)

  • 休日も早起きして朝活から始める。
  • 昼間は家事をして仮眠もしっかり取る。
  • 夕方に復帰して朝のやり残しを完結させる。

朝活づくり(寝るまえに飲む)

すきま時間も活用する(補助手段)

すきま時間も活用できる

  • 早朝は通勤ラッシュを回避できる。
  • 車通勤の社会人は移動時間を短縮できる。
  • 通勤先での朝活は”タイムプレッシャー”が働く。

早朝は通勤ラッシュを回避できる

すきま時間も活用する
(身体を休めても良い)

電車やバスを使って通勤する人は、早起きにより「通勤ラッシュを回避」できるケースもあります。

その結果、ストレスのない環境の中で「すきま時間」を使った学習に充てることも可能です。

車通勤の社会人は移動時間を短縮できる

車で通勤する人は、早起きにより「渋滞ラッシュを回避」できるケースもありますよね?

その結果、移動時間を短縮できるため、通勤先での「すきま時間」を多く確保することも可能です。

会社内で勉強できる環境がない場合は、勉強できる最寄りの場所を決めておきましょう。

要チェック

社会人が勉強できる場所を朝夜別に紹介!資格習得を目指す人にオススメ候補10選!

早起きして通勤すれば
移動に費やす時間も節約できる

  • 電車とバスは通勤ラッシュを回避できる。
  • 車での通勤は渋滞ラッシュを回避できる。

通勤先での朝活タイムを確保したうえ、移動中のストレスも減らせるので一石二鳥といえます。

通勤先での朝活は”タイムプレッシャー”が働く

朝の1時間≒夜の3時間

【1】

短い時間でも3倍集中できる

【2】

朝の時間は「自分の世界」で集中できる貴重な時間です。

短い時間でも「タイムプレッシャー」の働きにより、3倍の成果を挙げることも可能となります。

すべてを朝活に捧げる
それが時間をつくる秘訣

朝の1時間は夜の3時間と
同じ効果がある

すきま時間も活用できる

  • 早朝は通勤ラッシュを回避できる。
  • 車通勤の社会人は移動時間を短縮できる。
  • 通勤先での朝活は”タイムプレッシャー”が働く。

勉強時間を確保するステップ

  1. 平日の朝に1時間確保する。
  2. 平日の朝の時間を2時間にする。
  3. 休日の朝と夕方とで3時間確保する。

・休日に長い時間まとめてやるよりも、平日に「短い時間」を定期的にやること。

・休日に長い時間まとめてやるよりも、「短い時間」に区切って、集中すること。

通勤時間の学習はアウトプットに専念する

アウトプットとは?

  • 言葉に出す
  • メモに書き出す
  • 情報を発信する

過去に学習して覚えた情報を具体的な行動に反映させること。

社会人の中には電車やバスで通勤の方も多くいるでしょう。

「移動時間もムダにせず、勉強に充てる」というのは素晴らしいこと。

しかし、車内という”制限のある空間”においては実践できることも限られますよね?

通勤時間でも勉強できる

  • 記憶の引き出しを開ける。
  • 道具がなくても実践する方法がある。
  • 移動中の車内で勉強するときに使う道具3点セット。

記憶の引き出しを開ける

インプットの学習環境

  • 図書館や教室など集中できる静かな環境
  • 教科書やノートを広げられる机のある場所
  • インターネットなどで情報を検索できる環境

このような条件を考慮すると、移動する車内において「新しいことを覚える」というのは、満足に出来ませんよね?

ストレスの掛かる環境の中で、慣れないことに集中するのは、疲労の原因となります。

すきま時間で出来ること

移動時間を使って、あえて非効率な学習をする必要はありません。

それでは、移動中の車内で実践するとなると何が良いのでしょうか?

答えは「記憶の引き出しを開けること」、それが唯一の学習となります。

通勤時間に出来ること

頭の中にある情報を使って、記憶の引き出しを開けること。

アウトプットの学習環境

  • テキストは必要ない。
  • 道具がなくても実践する方法がある。
  • 3つの道具があれば、より効果的な学習ができる。

朝活を習慣に出来ている方であれば、過去に学習したことは記憶のどこかにあるはず。

記憶の引き出しから、情報を取り出すことも立派な学習トレーニングです。

道具がなくても実践する方法がある

車内における勉強のストレス

  • 車内では勉強道具を広げるスペースがない。
  • 利用時間によっては、座席が空いていない。
  • 移動する車内で本を読んだり、タブレットの画面に集中すると気分が悪くなる。

・・という悩みをお持ちの方に、トライして欲しい方法をひとつ紹介します。

過去に学んだ記憶を絵にして「車内の窓」に指を当てて書き出し、頭の中で投影すること。

”繰り返し”アウトプットすることで、その”動作”により身体を使って記憶に定着させるのです。

移動中の車内で勉強するときに使う道具3点セット

常に持っておきたい道具

  • ボールペン
  • バインダー
  • A4サイズの紙

移動中の車内で勉強するときに効果的な道具は3つ。

朝活によって学んだ事から要点を整理し、ボールペンを使って自分の言葉で書き出しましょう。

そうすることで、記憶の引き出しを開ける機会が増え、すきま時間でも十分な効果が得られるのです。

通勤時間に出来ること

頭の中にある情報を使って、記憶の引き出しを開けること。

通勤などの”すきま時間”を使って勉強する目的とは?

「移動時間に勉強しても足しにならない。」という方に、その目的を伝えます。

すきま時間を使って勉強する目的

勉強する習慣からドロップアウトしないため。

「習慣を途絶えさせないこと」、これが最大の目的と捉えてください。

習慣が途絶えると?

  • 目標が遠のき、モチベーションが低下する。
  • 小さな成功体験がなくなり、勉強への意欲も喪失する。
  • 周囲のサポートや勉強仲間との交流も失われ、孤独感につながる。

そのような結果にさせないために”繋ぎとめる”のが「すきま時間の活用」なのです。

すきま時間にやる一番の目的は、「習慣を途絶えさせないこと」と覚えておきましょう。

社会人が勉強時間を2時間確保する方法まとめ

タイムマネジメントにより、時間は作ることが出来る。

限られた環境の中で最大限の成果を挙げるには、「朝活にすべてを捧げる」こと。

朝活にすべてを捧げる

  • 朝は誘惑に負けない。
  • 夜は無駄な時間を過ごさなくなる。
  • 勉強と睡眠、どちらの時間も圧縮できる。

朝の時間の価値は夜の3倍!

朝の1時間は夜の3時間と同じ成果を得られる。

1時間を確保する

  • 夜更かしの習慣を断ち切る。
  • 夜の時間を朝の時間に持ってくる。
  • 朝活の1時間の中でしっかりと集中する。

1時間を2時間にする

  • 夜の誘惑に掛かるまえに眠りに就く。
  • しっかりと寝て、もう1時間早起きする。
  • さらに早起きしたぶん、朝活タイムが増える。

3時間を確保する(休日)

  • 休日も早起きして朝活から始める。
  • 昼間は家事をして仮眠もしっかり取る。
  • 夕方に復帰して朝のやり残しを完結させる。

すきま時間も活用できる

  • 早朝は通勤ラッシュを回避できる。
  • 車通勤の社会人は移動時間を短縮できる。
  • 通勤先での朝活は”タイムプレッシャー”が働く。

・休日に長い時間まとめてやるよりも、平日に「短い時間」を定期的にやること。

・休日に長い時間まとめてやるよりも、「短い時間」に区切って、集中すること。

すきま時間を使って勉強する目的

勉強する習慣からドロップアウトしないため。

「社会における限られた環境のなかで、勉強時間を確保する方法」

私の独断と偏見から、時間を確保するために実践してきたことをお伝えしてきました。

社会人となった今から「朝活」にすべてを捧げて成果を積み上げましょう。

最後まで記事を読んでいただき、本当にありがとうございます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次